一ヶ月で創ってください。経営理念と経営方針。

経営理念とは、何のために仕事をするのか。経営方針とは、経営理念を具体的に膨らまし実践していく行為。違う言葉で言えば、経営理念は戦略、経営方針は戦術。

社長一人の会社でも、従業員が100人でも、経営理念は絶対必要です。経営理念は社長が創ってください。必ず社長の仕事です。会社によって経営理念は自ずから違ってくるはずです。経営コンサルタント等の外部に委託して創るものではありません。いろんな経営理念を参考にするのはいいですが、必ず社長が苦労して創ってください。他人の手で創ってもらった経営理念など創らない方がましです。これが第一原則。

第二原則は、自分の会社にあった経営理念を苦労して創っただけではダメです。その経営理念に魂を吹き込んでください。魂を吹き込むとは、出来あがった経営理念を全従業員の前で発表し、ひとり一人のメンバーに至るまで徹底させることが、魂を吹き込むことになります。

経営理念に魂が入れば、次に経営方針を決めます。経営方針はみんなの意見を集めなければなりません。会議など開いて、トップダウンではなくボトムアップで、いろんな考えを吸収してやってください。時にはKJ法やブレンストーミング的に進めるのも一つの方法です。

こうして決めた経営方針で、会社経営を推し進めていきます。もちろん、時代の変遷や世の中のニーズに対応して、経営方針を変化させていくことは当然です。経営方針は戦術ですから、縦横無尽にやっていくことが大事です。機を見て敏であれのごとく。柔軟な頭と行動で実践あるのみです。