現場で働く人たちの意見を聴くことが現場主義です。

社長の訓示や自分の意見を伝えるのが、現場主義ではありません。

現場で得た情報やマイナス点を、次の経営に活かすことが社長の仕事です。

もう一つ、社長の仕事は飯の種を引っぱってくることです。現場の事情をしっかりと把握していないと、正確な経営ができないことと、適切な利益が見込めません。

現場のことがわかっていないと、空回りの経営になり、次の明確な方針も出すことができません。