大阪の建設業・運送業専門の行政書士です。経営規模等評価・経営事項審査・経審 (けいしん)・建設業の許可・入札参加・トラック運送・ロケバス運送を応援します 。
繁栄発展を続ける会社に!


建設業の経営と会計

会社法の臨時計算書類

平成19年5月に会社法が施行された。 剰余金の配当は、年度の途中において、いつでも何度でも実施することができる。その場合には、臨時決算日として「臨時計算書類」を作成し、監査を受けなければならない。 ○ 臨時決算日の計算書 …

違法な支出の経費性は認められるべきか(賄賂の提供、警察の捜索情報を得るための情報料の支払など)。

賄賂は必要経費に算入できない。平成18年度改正で所得税法45条2項に追加されたからである。 賄賂が必要経費に入るかどうかについては、見解の相違があった。この点につき、平成15年10月3日に国連総会で正式に採択され、わが国 …

管理支配基準について

所得を確定する時の基準として、権利確定主義と管理支配基準がある。 権利確定主義は、法律をベイスに権利が確定したときに、所得とする考え方である。所得税法36条1項に「各種所得の金額の計算上収入とすべき金額又は総収入に算入す …

会計と経営について

1.会計の目的 会計とは、「いかに金を残すか」「いかに金を使うか」ということに尽きます。つまり、利益調整です。利益調整といえば、脱税対策ではありません。大切な金や時間を使って、経営者が「計画したとおりの利益」を出すことで …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP