大阪の建設業・運送業専門の行政書士です。経営規模等評価・経営事項審査・経審 (けいしん)・建設業の許可・入札参加・トラック運送・ロケバス運送を応援します 。
繁栄発展を続ける会社に!


マインドセット

御社だけで勝てる会社に(競争の外に出る)

御社の得意技は何ですか。御社だけで勝てる技術力は何ですか。御社のポリシーはなんですか。御社だけで勝てるものは何ですか。ないなら、これから創っていきましょう。既にお持ちの会社は、それを膨らませてください。他社と同じようなこ …

マーケティングと市場調査

市場調査は、きのうまでの「人の行動」を数字で知ること。 マーケティングは明日からの「人の気持ち」を言葉で知ること。 だから、市場調査は算数。マーケティングは国語。ゆえに同じ意味ではない。 マーケティングとは、「人の気持ち …

納税意識のマインドセット

利益を上げ、余剰金を増やしていくことは、誰でも知っています。増資をすれば、資本金が増え、バランスが良くなり、経審がアップすることは、みんな思っていますが、実行できないだけです。なぜ実行できないのか、お金がないからです。 …

経営計画書に魂を入れる

社長が自分の手で、経営計画書を創る。もちろん手書きの方がよい。 1ヶ月かかろうが、3ヶ月かかろうが、半年かかろうが、社長自らが、創ることに大きな意義がある。 売上目標の数字を向こう10年分ぐらい入れる。その数字を達成する …

次なるイメージを描いておく

例えば、月の売上が1,000万円ならば、2,000万円になった時のことを視野に入れて、経営を実践していく。 従業員が10人ならば、15人を想定して、次なる手を計画しておいて、15人でも安定する経営戦略、戦術を既に準備して …

捨てる力

1日は24時間。どんな人であっても同じです。 睡眠時間や生活に必要な時間を除くと、最大限で十数時間しか使えません。その時間の使い方によって、さまざまな人生が展開されていきます。 大事なことは、「時間自体は増えない」という …

21世紀のトップランナー

医者でもない。大学の先生でもない。弁護士や会計士でもない。21世紀のトップランナーは経営者である。 人の問題や人材育成。資金繰りのこと。得意先との成長や共存。仕入先や外注先との人間関係。環境の問題。世の中の移り変わりをい …

簡単にできる自己改良

どんなことが起きても、「責任は100%自分にある」と考えます。すると、もう少し努力が足りなかったのではないか、もっとお客さんに笑顔で接すればよかったのではないか、あぁ!勉強不足だなぁ。 いつもこんな風に思っていますと、改 …

社長の限界が会社の限界

経営者自身が企業の発展に充分に対応できず、頭が切り替わらないために、限界になることもあります。経営者の能力が限界に達しているのに、それが分からず、旧態依然としたやり方をいつまでもくり返していることが多いのです。 発展した …

1冊を100回読む

経営なら経営関係の本を100冊読むと、経営のことは大体わかる。しかし、本当の経営はわからない。なぜならば、実践しないことには智慧に発展しない。一冊の良書を100回読むほうが、実践向きである。100回読むと腹に入り、自分の …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP