大阪の建設業・運送業専門の行政書士です。経営規模等評価・経営事項審査・経審 (けいしん)・建設業の許可・入札参加・トラック運送・ロケバス運送を応援します 。
繁栄発展を続ける会社に!
経審 大阪 北口行政書士事務所


お金が貯まる経営

地元信金のケース

 地元信金は、面倒見もよく地域密着型の銀行です。だから、零細企業は地元信金1本に絞って取引をよくされています。つまり、1銀行主義です。これはこれでメリットがあり、会社が順調に利益をあげ、余剰金(現金)があれば問題ありませ …

赤字決算は楽しいなぁ!

 損益計算書の利益には、売上総利益、営業利益、経常利益、税引前利益、税引後の当期利益があります。  売上総利益とは粗利益のことで、売上高から売上原価を引いた利益です。営業利益は、粗利益から販売費及び一般管理費を引いた利益 …

お金を「使う」のは、「儲ける」より何倍も難しい!

 お金を儲けることは非常に大事なことであり、普通のサラーリマンには、それさえもできないのですが。しかし、儲けることよりも、さらに難しいのは、「お金を使うこと」なのです。  お金をためることは、それほど難しくありませんが、 …

記帳の大切さ

いつも日記を付けることは、会社経営にとって重要なことです。日記でなくても、メモでも何でも良いのですが、経営の反省点、従業員のこと、次なる一手、いかに繁栄発展させていくか、等々、紙に書いていつも反芻することは、非常に大事な …

創業融資の自己資金について(考え方)

1.大阪信用保証協会について 保証協会の創業融資については、自己資金のハードルが高い。 自己資金の中身であるが、必ずしも新設法人の資本金を意味するものではない。簡単に言えば、融資を申し込む新設法人の代表取締役が、どれだけ …

カネ儲けは、生活習慣にあり!

ツカキグループの塚本喜左衛門さんのお話です。 きもの、宝石、毛皮、補正下着の製造卸、ウエディング衣裳のレンタル、不動産のリーシングを行うツカキグループのオーナーであり、塚喜商事㈱の社長さんです。 「三方よし」で有名な近江 …

中小企業倒産防止共済(経営セーフティ共済)

1.概要 銀行に毎月10万円の積立をすれば、年間で120万円の預金が残りますが、この120万円は会社の経費に落とすことが出来ません。しかし経費になり、お金を残す方法があります。それは「中小企業倒産防止共済制度」です。「経 …

高い重機の代金?

少しまとまった工事が決まれば、すぐに重機を買う経営者がいます。 理由は簡単。一時的なリース料は割高で、分割でも良いから購入すれば、これからも現場で使うこともあるし、手元にあれば即戦力になることから、結局は安くなるという。 …

財務会計よりも管理会計

財務会計は、株主や債権者、銀行、税務署等の外部に提出するために作成する貸借対照表や損益計算書などのことです。 もちろん財務会計も重要ですが、中小零細企業の社長は「管理会計」に強くなってください。 管理会計とは、文字どおり …

小規模企業共済(社長の退職金)

社長や会社の役員が、自分の退職金を自分で掛けていく制度です。掛金の全額を所得から引いてくれます。生命保険料は、年末調整で引ける上限が決まっていて、あまりメリットが少ないですが、これは掛金の全額を引いてくれますので、節税効 …

売上より利益率アップに徹底せよ

利益率アップは資金が増える。1年、3年、5年と確実に資金が増えていく。お金が残る、お金が貯まる。 売上を上げるより、徹底した利益率アップを目指せ。 利益率は会社の体質である。社長の個人体質と言っても過言ではない。小零細企 …

限界利益、変動費、固定費

1.変動費と固定費 変動費とは、売上(完成工事高)が増減すれば、それに伴い増減する経費が変動費です。例えば、材料費や外注費、現場経費などが変動費です。 固定費とは、売上の増減に関わらず、いつも固定的に必要になる経費です。 …

お金が貯まって、経費に落とせる

毎月10万円の積立をすれば、年間で120万円の預金が残りますが、この120万円は会社の経費に落とすことが出来ません。しかし、経費になり、お金を残す方法があります。以下、お金が貯まって、経費に落とせるアイテムを紹介します。 …

法人設立と創業融資について

1.創業融資について 創業融資制度は2つあります。日本政策金融公庫と信用保証協会です。公庫の融資を優先的に進め、保証協会も視野にいれて、創業資金や運転資金の捻出を考えます。 創業融資は法人設立と密接に関係しています。例え …

お金儲けは善いこと(お金の定義)

お金儲けは善いことなんです。けっして、悪いことではありません。お金を持ったらロクなことがないとよく言います。そんなことはありません。 お金自体は、善でも悪でもありません。そのお金を遣う人によって、善にもなり悪にもなります …

ダム経営の実践  ※純支払利息比率(寄与度が最高)

1.概要 今の経営分析では、8つの指標があり、その内の2つが負債抵抗力指標であり、その一つが「純支払利息比率」で、もう一つは「負債回転期間」です。この2つの指標で、全体の寄与度が41.3%もあり、「純支払利息比率」だけで …

【実践 !ダム経営】1.ダム経営とは?

ダム経営とは、パナソニックの創業者、松下幸之助氏の言葉です。 お金のダム。人材のダム。信用のダム。人格のダムです。 建設業は、余剰資金が必要です。余剰がなければ、建設経営は成り立ちません。 無借金経営の上が「ダム経営」で …

お金がたまる会社

一万円札をドブに捨てる者はいないが、建設会社ではこれに近いことが日常茶飯事のように起きている。 ある倉庫では、材料や小道具が至るところに散在している。大工道具の山、ペンキやハケなど、数え上げればきりがない。小さな部品など …

1 2 »
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP