どんなすばらしいものであっても、埋もれてしまえばそれまでです。

埋もれさせないで、最後の磨きをかけ、輝きを生み出すのに必要なものが「熱意」なのです。(『仕事と愛』より)