いくら頭のなかで方法論や策略を練ったところで、

結局、実際に働くという段階で証明された実力でなければ通用しないのです。

そして、働くという段階で、証明される実力とは、

広い意味で、働くことが好きだということです。

また、よく働く人が実力のある人だということです。(仕事と愛より)