たとえどのような職業に就いているとしても、

その職業に費やす時間以外の時間を、

人間研究、人間の幸福研究、心の研究に費やすことが、

時代のひとつの潮流になってくるでしょう。(『仕事と愛』より)