命をかけて仕事をする場合に大事なのは、

自分の運が信じられるということです。

運が信じられるには、仏の加護を受けているという感じ、

あるいは、仏が自分の仕事を見て喜んでくださっているという気持ちが大事なのです。(『仕事と愛』より)