地元信金は、面倒見もよく地域密着型の銀行です。だから、零細企業は地元信金1本に絞って取引をよくされています。つまり、1銀行主義です。これはこれでメリットがあり、会社が順調に利益をあげ、余剰金(現金)があれば問題ありません。
 しかし、1銀行だけでお付き合いするということは、命を1銀行に預けているということです。法人の命も、保証をしている社長と家族の命も、同時に預けていることになります。建前と本音。コインの表裏。経営者は、いつも両方を見る眼を養う必要があります。経営の鉄則です。
 「貸せる条件」と「返せる条件」は違います。私の顧客が「銀行は返せると思って、お金を貸してくれたんだ」という言葉をよく聞きます。しかし、これは違います。銀行は、返済できる会社だと判断して、お金を貸してくれるのではなく、「貸せる」から貸しただけであって、銀行が「貸せる条件」と会社が「返せる条件」は違うのです。
 銀行は、明らかにこれ以上融資をしたら返済は無理だろうと思える「経常利益」でも、赤字を出していなければ融資を検討してくれます。明らかに返済は無理だという以外は、融資をしてくれることが多々あります。これが銀行の体質です。なぜならば、保証協会付きの融資で全くリスクがなく、利息で儲けるからです。銀行は利息が売上ですから、一番リスクが少ない方法で利益を得ようとします。
 その結果、借りた会社は、経営が余計に苦しくなっていく。これ以上、借りれば返済できない可能性が高いにもかかわらず、当面の資金繰りを回すために、銀行が貸してくれるから借りてしまう。それで、さらに経営が苦しくなります。もし、銀行が融資をしなければ、銀行以外の方法を考えますが、下手に借りることができると、それで当面の資金繰りをしのぎ、根本的な経営改善を考えようとしません。このようなことを繰り返していると、経営は、ますます行き詰まるだけです。
 ゆえに、社長はいつも、金まわりの良い経営を実践し、借入をする銀行と預金をする銀行を別にすることが、銀行との付き合い方です。