ブラザーズ・フォアの名曲です。親しみを込めて「ブラフォー」。

1964年にポピュラーになった「七つの水仙」。作詞、作曲は57年。

夜間大学の1年生にこの歌を覚えました。リルケと同じように、青春時代の底辺を支えてくれた詩です。

貧乏学生だった自分には、この詩ほど励ましてくれたものはありません。

英語でも、日本語でも、今でも空で歌えます。

もうひとつ、あまりにも有名になった「グリーンフィールズ」があります。

でも僕は、七つの水仙のほうが、今でも好きです。