大阪の建設業・運送業専門の行政書士です。経営規模等評価・経営事項審査・経審 (けいしん)・建設業の許可・入札参加・トラック運送・ロケバス運送を応援します 。
繁栄発展を続ける会社に!


徒然詩人

発展=限界突破

心の限界突破。 行動の限界突破。 成果の限界突破。 限界は自分が勝手に決める。 あきらめたところが限界。 限界は突破できる。 甘やかしの罠に陥るな。    

大きな希望

登録入会を済ませた、新しい先生方の顔が輝いている。 生き生きした目も、何かを目指している。 なぜか、男前に見え、美人に見える。   ひまわりの花にも似て、鮮やかに己の未来を確信する。 先の見えないものをどれぐら …

『原点にかえれば聞こえる音がある』

『四季の彩』を拝読。ありがとうございました。お礼の言葉を述べずに今日になりました。お許しください。 『原点にかえれば聞こえる音がある』達筆な墨字で、表紙の次ページに書いてくださり、私の宝物になりました。 好きな句を綴りま …

七つの水仙

ブラザーズ・フォアの名曲です。親しみを込めて「ブラフォー」。 1964年にポピュラーになった「七つの水仙」。作詞、作曲は57年。 夜間大学の1年生にこの歌を覚えました。リルケと同じように、青春時代の底辺を支えてくれた詩で …

リルケ詩集『だれが私に言えるだろう』

『だれが私に言えるだろう』 この一編がポエムへの目覚めでした。詩を好きになった青春時代。 20世紀ドイツの生んだ最高の詩人。 その詩は近代人の孤独と不安を、たぐいまれな美しいことばで歌っています。 生まれ故郷のプラハに根 …

野 分

私の大好きな加藤允先生から、お便りを頂戴しました。允ちゃんらしい、允ちゃんにしか出来ない、允節メッセージです。ご本人の了解のもと、アップさせていただきました。 ○ メッセージ 漱石の「野分」の後半で、道也先生が、 「自己 …

かわいい妖精たち

おはようございます! おはようございます! 細長い小庭に咲く、色とりどりの妖精たち。 笑顔でやさしく、毎朝、小さな幸せを運んでくれます。 名前もわからない。手入れもしない主人に、いつも変わらぬ表情で。 かわいい呼びかけ。 …

すれ違い

仕事をしているか。飯を食っているか。寝ているか。本を読んでいるか。会のことで、動きまっているか。それ以外にあまり能のない私。 3日連続で、利恵ちゃんと一緒に仕上げた社会福祉関係の仕事を切り上げ、久しぶりに早く帰宅する。 …

愛する人のために

誰が私を許してくれるだろう みんな、愛する人のために、がんばっています どんな小さな幸福も、愛する人のために どんな大きな幸福も、愛する人のために   誰が私を許してくれるだろう みんな、愛する人のために、涙を …

心化粧

顔に、化粧をする。 きれいに見せたくて、化粧をする。 女性のたしなみで、化粧をする。   心にも、化粧をする。 よく思われたくて、心化粧をする。 愛する人に会うために、心の準備が心化粧。   心化粧は …

丸山公園

昔に一緒に入ったお店は、ないようだね。 ちょうど、公園の片隅にあったはずよ。 ほら、ないよ。どこにもないよ。   格子戸をくぐり、 低い障子をあけ、 こじんまりとした和室。   湯豆腐とちょっとした惣 …

日はまた昇る

自己実現の むずかしさ 思いやぶれて 二歩後退 己の不努力 猛省する 試練の道が 立ちはだかる 挫折の時を 忍びつつ   されど 日はまた昇る かかる日に 違う形で恩がえし されど 日はまた昇る かかる日に 違 …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP