一万円札をドブに捨てる者はいないが、建設会社ではこれに近いことが日常茶飯事のように起きている。

ある倉庫では、材料や小道具が至るところに散在している。大工道具の山、ペンキやハケなど、数え上げればきりがない。小さな部品などの置場もバラバラで収集がつかない。奥の方に置いてある品物が分からない。必要なものをすぐに取り出すにも時間がかかる。見た目にも汚く、薄暗くてスムースに動くことができなかった。

連休を返上して、社長以下従業員が一丸となって掃除を始めた。ネーム版を作ってすぐに分かるように区別した。仕切りや棚板で取りやすくしたり、動きやすい空間を設けた。ガラスや床、壁を徹底的に磨きあげ、照明の数も増やした。生れ変った倉庫を見て、みんなが感動した。

型番が古くなって使えなくなった製品。同じ小道具を二重三重に買っている。かなり高価な器具や資材もそのまま。多くの無駄が目の前で確認された。きっちりと計算したわけではないが、何と原価で800万円程度の数字がはじき出された。倉庫係を雇い入れても充分に採算がとれる。それ以上に営業や現場サイドへの牽制になり、得するお金は800万円以上の価値を生み出す。

掃除と整理整頓が徹底していない。つまり、環境整備が末端まで浸透していない会社の姿である。環境整備の基本が掃除と整理整頓。みんな知っている。分かっている。誰も目を向けようとしない。行動に移そうとしない。いつかいつかがこの始末である。

会社を発展させる要素や原理原則はたくさんあるが、案外、環境整備を核において徹底させている会社は少ない。筋のとおった徹底ぶりは、お金をもたらす。

環境整備にお金はかからない。むしろお金が貯まる。その会社は今もピカピカの倉庫と事務所で仕事をしている。